HOME来院される患者さんへ > 会計のご案内
会計のご案内

医事課1F TEL:0182-32-5001(代) FAX:0182-33-7905(直通)

 

会計のご案内

<外来会計>
  診察・検査が終了しましたら、1F医事課会計窓口に順路案内票をお出しいただき、会計をしてください。
  お薬のある方は、処方箋をお受け取りください。(処方箋の有効期限は4日間です
  【院外処方箋】 調剤薬局に処方箋をお出しいただき、お薬をお受け取りください。
  【院内処方箋】 清算書を薬局にお出しいただき、お薬をお受け取りください。
 
<入院会計>
  当院は健康保険法で規定する病院ですので、所定の入院料金になります。
  入院料の請求は、毎月1日から月末日の期間で計算し請求書をお届けいたします。
  請求書が届きましたら、期限日までに1F医事課会計窓口にお出しいただき、会計をしてください。



  会計は休診日・夜間でも随時対応しております。 ただし、午後 5:15以降夜間に救急で診察された場合は、翌日の会計になります。
   
  保険証の確認は、会計の際に行います。
月に1度は必ずご提示くださいますようお願いいたします。
   

 

平成21年4月1日以降入院医療費の計算方法が変わりました

 当院は平成21年度より「急性期医療にかかる診断群分類包括評価(DPC)」によって医療費の計算を行う、DPC対象病院に認定されました。
 それに伴い、厚生労働省が認めた「DPC(診断群分類別定額払い方式」による新たな計算方式で入院医療費を計算することとなります。(外来診療に変更はありません)
 
 これまでの計算方式は、診療行為ごとに料金を計算する「出来高方式」でした。
 DPCという新たな計算方式は、傷病名や診療内容に応じて厚生労働省が定めた1日当たりの定額の医療費を基本として計算する「包括方式」になります。
 

 

1. 入院後、症状の経過や治療の内容によって傷病名が変わった場合には、入院初日にさかのぼって医療費の計算をやり直すこととなり、請求額が変更となります。 この場合、退院後に一括して前月までのお支払額との差額の調整を行わせていただくことがありますので、ご了承ください。
 
2. すべての入院医療費が「DPC」計算となるのではなく、一部出来高計算の場合もあります。 「DPC」計算の対象となるかどうかは、傷病名や診療内容によって異なるため、医師の診断に基づき計算を行います。
この他、次の場合は出来高払いとなります。
・自費診療、正常分娩、労災保険、自賠責保険適用などの方
 
3. 窓口での負担割合・高額療養費の取り扱いは従来と変わりません。

 

  ご不明な点がございましたら、医事課までお問い合わせください。
HOME 病院のご紹介 診療科のご案内 来院される患者さんへ 面会される皆さんへ
交通のご案内 お問い合わせ 医療関係者様へ 納入業者様へ 個人情報について
リンク サイトマップ      
市立横手病院
秋田県横手市根岸町5番31号 TEL 0182-32-5001(代表) FAX0182-36-1782