HOME医療関係者様へ > 臨床研修プログラム
臨床研修プログラム

 

市立横手病院臨床研修プログラム

 

  研修プログラムの特色
  当院では内科、外科、小児科、産婦人科、精神科、救急、地域医療を必修分野とし、一般外来での研修を含めることとする。
1年次で内科24週、救急部門4週、外科4週、小児科8週、産婦人科4週、精神科4週を研修する。
2年次で地域医療を4週、残りは当院で研修可能な内科、救急部門、産婦人科、小児科、外科、整形外科、泌尿器科、放射線科や、協力型臨床研修病院や臨床研修協力施設において他の科目(麻酔科、呼吸器内科、保健医療・行政)を研修したい場合に対応が可能。

 

  臨床研修の目標の概要
  医師としての人格を養い、将来どのような分野に進むにせよ、医学、医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、幅広い基本的な臨床能力(態度、技能、知識)を身につける。
医師は、病める人の尊厳を守り、医療の提供と公衆衛生の向上に寄与する職業の重大性を深く認識し、医師としての基本的価値観(プロフェッショナリズム)及び医師としての使命の遂行に必要な資質・能力を身に付けなくてはならない。医師としての基盤形成の段階にある研修医は、基本的価値観を自らのものとし、基本的診療業務ができるレベルの資質・能力を習得する。
 

 

midasi1.gif 臨床研修の到達目標の達成に向けた配慮
  2年間の初期臨床研修で、当該プログラムに記載する「Ⅰ.到達目標」の達成が図られるよう、研修実施責任者・プログラム責任者・指導医・研修医を対象とした研修医会議を毎月1回開催し、研修の進捗状況の確認や研修日程の調整、研修に関する意見交換等を行う。また、研修の進捗状況の確認において、経験目標等が修了基準に到達していないと判断される分野(診療科)がある場合は、2年目の選択科の期間中に修了基準を満たすことができるよう、再度重点的に研修することとする。

 

  プログラム責任者
  市立横手病院 外科統括科長 伊勢憲人

 

  研修医の指導体制
  マンツーマン方式による

 

  協力型臨床研修病院
  横手興生病院 精神科(必修)
  ・研修実施責任者 杉田 多喜男
  ・指導医 杉田俊生、杉山 智成、安部 俊一郎、佐藤 雅俊、藤嶋 敏一、小泉 健太郎
  秋田赤十字病院 呼吸器内科(選択)、麻酔科(選択)
  ・研修実施責任者 小棚木 均
  ・(呼吸器内科)指導医 黒川 博一、小髙 英達
  ・(麻酔科)指導医 磯崎 健一、関川 綾乃
  本荘第一病院 麻酔科(選択)
  ・研修実施責任者 板垣 秀弥
  ・指導医 小松 大芽

 

  臨床研修協力施設
  横手保健所 保健医療・行政(選択)
  ・研修実施責任者 南園智人
  ・指導医 南園智人
  市立大森病院 地域医療(必修)
  ・研修実施責任者 小野 剛
  ・指導医 小野 剛、福岡 岳美、金 大悟
  秋田県赤十字血液センター 保健医療・行政(選択)
  ・研修実施責任者 面川 進
  ・指導医 面川 進

 

  研修開始時期
  西暦2020年4月1日

 

  研修スケジュール
 
 
1 年 次
2 年 次
4月
  内科(市立横手病院)
  地域医療(市立大森病院)
5月
  選択科(市立横手病院・横手保健所・秋田県赤十字血液センター・秋田赤十字病院・本荘第一病院)
6月
7月
8月
9月
10月
  救急部門(市立横手病院)
11月
  産婦人科(市立横手病院)
12月
  精神科(横手興生病院)
1月
  小児科(市立横手病院)
2月
3月
  外科(市立横手病院)
  救急部門は、4週のブロック研修の他、日当直(2年間で40日以上)を含め12週の研修とする。
  一般外来は、他院地域医療での1週以上に加え、当院選択科での一般内科および他院麻酔科での並行研修をあわせた4週以上の研修を行う。ただし、半日の外来診察の場合、2回で1日分とする。
  臨床研修協力施設(横手保健所・秋田県赤十字血液センター・市立大森病院)における研修期間は2年間で合計12週以内とする。
 

≪選択科の期間で研修可能な診療科≫
(1年次及び2年次)

    ・市立横手病院

:内科、救急部門、産婦人科、小児科、外科、整形外科、泌尿器科、放射線科

    ・横手保健所
 (2年次)
:保健医療・行政
    ・赤十字血液センター :保健医療・行政
    ・秋田赤十字病院 :内科(呼吸器内科)、麻酔科
    ・本荘第一病院 :麻酔科

 

  研修医の処遇
    常勤・非常勤の別:常勤
    研修手当
    1年次の支給額(税込み):
    基本手当/月(500,000円)、賞与/年(1,050,000円)
    2年次の支給額(税込み):
    基本手当/月(510,000円)、賞与/年(1,080,000円)
    ※時間外手当(基本手当等に含む)・休日手当なし
    勤務時間
    基本的な勤務時間(8:30~17:15)、時間外勤務あり
    休憩時間(12:00~13:00)
    当直後の勤務は無し。
    休暇
    有給休暇(1年次:15日、2年次:20日)
    夏季休暇(3日)、年末年始休暇
    当直
    回数(約4回/月)2年次
    通常業務(8:30~17:15)の後、17:15~8:30の勤務
    研修医の宿舎
    必要に応じて借上げ(月額 60,000円を上限に当院で負担)
    病院内研修医室
    医局を使用
    社会保険・労働保険
    全国健康保険協会管掌健康保険、厚生年金、
    労働者災害補償保険法の適用有、雇用保険有
    健康管理
    健康診断(年2回)
    医師賠償責任保険の扱い
    病院において加入、個人加入は任意
    外部の研修活動
    学会、研究会等への参加:可
    学会、研究会等への参加費用支給の有無:有
    院外の報酬を伴う医療行為
    他の医療施設での報酬を伴う医療行為は認めない。

 

  研修医の募集定員
  1年次:4名、2年次:4名

 

  研修医の募集及び採用の方法
    研修プログラムに関する問い合わせ先:市立横手病院 外科統括科長 伊勢憲人
    TEL:0182-32-5001  FAX:0182-36-1782
    お問い合わせはこちらから →お問い合わせ
    資料請求先
    〒013-8602 秋田県横手市根岸町5番31号
    市立横手病院 総務課 企画係
    TEL:0182-32-5001  FAX:0182-36-1782
    お問い合わせはこちらから →お問い合わせ
    募集方法:公募
    応募必要書類:履歴書、卒業(見込み)証明書、成績証明書、健康診断書
    選考方法:面接
    募集及び選考の時期 募集時期:7月1日から
    選考時期:7月1日から
    マッチング利用の有無:有

 

  病院見学のお申し込み(初期臨床研修)
  URL:https://yokote-mhp.securesite.jp/kengakumf/kengakumf.html
HOME 病院のご紹介 診療科のご案内 来院される患者さんへ 面会される皆さんへ
交通のご案内 お問い合わせ 医療関係者様へ 納入業者様へ 個人情報保護について
リンク サイトマップ      
市立横手病院
秋田県横手市根岸町5番31号 TEL 0182-32-5001(代表) FAX0182-36-1782