HOME部門・チームのご紹介 > 褥瘡対策チーム
褥瘡対策チーム


栄養サポートチーム   緩和ケアチーム    褥瘡対策チーム   感染対策チーム


 

褥瘡対策チームについて

 褥瘡とは一般的には床ずれと言われるものです。一度できると治りにくくなることもあるため、予防が大切になります。褥瘡ができる原因はひとつではないため、多くの予防的な対策が必要になります。当院では、その対策を病院全体で取り組んでいます。

褥瘡対策チームのメンバー

 褥瘡対策チームは、褥瘡対策委員会と病棟の褥瘡対策専任看護師により構成されています。
 医師、看護師(病棟、手術室、訪問看護)、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、管理栄養士、事務職員がチームメンバーになっており、病院全体で褥瘡対策が実施できるようなシステムをつくっています。

主な褥瘡対策

 すべての入院患者さんに対し、褥瘡ができやすい状態かどうかについて、入院時と以後定期的に評価を行っています。そして、褥瘡ができやすい方には、褥瘡予防のマットレスを使用しています。さらに、褥瘡ができる危険性がより高い方や、すでに褥瘡のある方には、専門の看護師が個別に訪問し、必要な対策について確認や指導を行っています。
  また、褥瘡のある方には、褥瘡対策チームが訪問(褥瘡回診)し、主治医や病棟看護師と協力しながら、よりよいケアや治療について検討しています。
jyokusouH24-1.jpg

 

褥瘡対策の質を高める活動

  褥瘡対策マニュアルを作成し、一貫した対策を行うことを心がけています。
  院内研修の実施や学会への参加で、知識を高める努力を行っています。
  褥瘡が発生した状況や対策の状況を振り返り、情報の共有と対策の改善に努めています。

 

HOME 病院のご紹介 診療科のご案内 来院される患者さんへ 面会される皆さんへ
交通のご案内 お問い合わせ 医療関係者様へ 納入業者様へ 個人情報保護について
リンク サイトマップ      
市立横手病院
秋田県横手市根岸町5番31号 TEL 0182-32-5001(代表) FAX0182-36-1782